パート主婦でも専業主婦でも即日融資できるキャッシングはあります!

パート主婦でも専業主婦でも即日融資できるキャッシングはありますが、利用するカードローンには違いがあります。できれば

 

 

  • 無利息サービスがあり
  • 審査が早く
  • 即日融資手段が振込と自動契約機に二種類ある

消費者金融に申込みたいところですが、収入のない専業主婦は消費者金融に申込む事ができません。パート主婦は安定収入があればスピード融資・無利息サービスのある消費者金融に申込むのがベストです。自身のパートの与信で申込めるのでもちろん家族に内緒で申込めます。

パートで安定収入のある主婦なら無利息サービス付きのプロミス・アコム

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

  • 即日振込・・・平日14:00までにオンライン契約完了で可能(審査結果による)
  • 即日カード発行・・・当日中にオンライン契約完了後、最寄の自動契約機にて即日カード発行可能
実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

  • 即日振込・・・平日14:00までにオンライン契約完了で可能(楽天銀行への振込はメンテナンス時間以外24時間可能)
  • 即日カード発行・・・当日中にオンライン契約完了後、最寄のむじんくんにて即日カード発行可能
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
SMBCモビット

  • 即日振込・・・平日14:50までにオンライン契約完了後に振込手続き完了で可能
  • ※SMBCモビットの即日融資は申込の曜日や時間帯によって翌日以降の取扱になる場合があります。

  • 即日カード発行・・・当日中にオンライン契約完了後、最寄のローン申込機にて即日カード発行可能
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

専業主婦は現在即日融資できない!対処法は?

専業主婦・安定収入のないパート主婦の方は即日融資サービスの充実している大手消費者金融に申込む事はできません。収入のない専業主婦でも申込めていた銀行カードローンも、金融庁からの指摘により利益の薄い小額貸付の専業主婦への貸し出しを自主規制して撤退しています。

 

 

旦那に頼むしかないけど、旦那にバレたくない借り入れだしなぁ・・・


こんな方も諦める必要はありません。銀行カードローンは2018年1月から、

 

 

審査の際に警察庁の反社会勢力データベースに参照して申込者をチェックしなければならなくなった為に即日融資は不可能になりました。


 

更には与信のない専業主婦の申込が出来る銀行カードローンも徐々に減少していき、ついには専業主婦の申込が出来る銀行カードローンはなくなってしまいました。


パートのキャッシングも即日融資が決め手

 

パートで収入を得ている人であっても、急な出費が必要になるケースは珍しいことではありません。そのような場合には、キャッシング業者を利用するというのが便利なのですが、急な出費ということなのでできるだけ早くまとまったお金を用意する必要があります。

 

 

そうなると、やはり融資を申し込んだその日のうちにまとまったお金を受け取ることができる「即日融資」が利用できる業者を選ぶことになります。


ここでポイントとなるのは、パートでもキャッシングを利用できる業者を選ぶことですが、ほとんどの消費者金融業者ではパートも融資対象となっていますので特に気にすることはないでしょう。ただし、パートで収入を得ている人がキャッシングを利用するためには、「安定した収入があること」を証明する必要があります。

 

さすがに給与明細を提出する必要まではありませんが、ほとんどの業者では在籍確認を行っていますので、職場に何らかの形で連絡が入ることは理解しておきましょう。そのうえで、パートでも即日融資できるキャッシングといえばやはり「大手」と呼ばれる消費者金融がおすすめです。

たとえばプロミス

プロミスは利用者が非常に多い消費者金融業者として知られていますが、その背景にはパートを含め幅広い層に融資を行っているという理由が考えられます。一定の収入があれば正社員に限定しないということでパートでも融資可能なうえ、もちろん申し込んだその日のうちに融資を受けることができます。

 

更には初回の借り入れ時に30日の無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も付いているので、利息を少なくすることができます。

 

プロミスと並び高い人気があるのがアコムです

アコムといえば「むじんくん」が非常によく知られていますが、インターネットでも融資申し込みを受け付けています。もし確実に即日融資を希望するのであればこの「むじんくん」の利用がおすすめです。

 

このように、パートで収入を得ている人や学生にも対応しています。ただし、正社員で働いている人に比べるとどうしても収入の金額は低くなりますので、利用に際しては借りすぎないように注意しましょう。

 

 

更新履歴