主婦が取って有効な資格って?

主婦が取っておくと役立つ資格の一つに、医療事務があります。医療事務とは、病院での受付やカルテ管理、カルテ準備、会計、診療情報請求書(レセプト)作成などの業務を行う仕事です。この仕事が、なぜ主婦にとって役立つのかというと、ライフスタイルに合わせた様々な就業形態を選ぶ事ができるからです。

 

正社員はもちろんのこと、パート、契約社員などとして働くことができます。パートでは、フルパートだけでなく、午前のみのパートなどの募集もあるので、子どもが小さい場合でも働きやすい環境となっています。また、主な勤務地が病院であるため、就職先に困ることがありません。

 

全国各地どこでも病院はあるので、転勤などで転職する際にも、就職先が見つけやすいです。何より、医療事務という仕事はやりがいを感じることができます。医療の現場で働いているので、直接患者さんに接するこ戸が多く、人の役に立っているという実感を感じることができます。

 

この医療事務の資格は、国家資格ではありません。民間の団体が行っている試験に合格することで、資格を取得することができます。

 

試験に合格するための知識を学ぶのには、専門の学校に通ったり、通信教育、独自で勉強するなどの方法があります。試験の内容としては、診療情報請求書の作成などの専門的な内容が中心となります。

 

独自で勉強するとなると、少し難しい内容となっています。医療事務としての仕事は、資格がなくても仕事に就くことは可能となっています。しかし、採用や給料面において、資格があった方が有利となっています。